読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今、ここ」の私

「今、ここ」を意識して生きています。

~したら満たされる、という執着

私の中のボス的思い込み、

 

・結婚したら(心が?)満たされる

・子供ができたら(心が?)満たされる

(↑自分でも何が満たされると思っていたのかよくわからない…)

 

というのが、それはなんか違うだろ、と頭ではわかっていてもなかなか腑に落ちるまでに至らず、「違う」と思い切れていなかった。

 

いや、満たされるだろうと思うけど、ありきたりだけど、だから結婚したい、子供が欲しい、と執着している自分がどこかにいたし、それで私の幸せがひとまず完結するとぐらい思っていた節があった。(もちろん、その後また新たな幸せが生まれる前提)

 

昨日、酔い冷ましに新宿駅からブラブラと1時間かけて歩いて帰宅する途中に、突然腑に落ちた(笑)。

 

いや、そうじゃないだろうと。

 

結婚してるから満たされている、子供がいるから満たされている、じゃないだろうと。

 

結婚してなくても、子供がいなくても、今現在満たされていることを実感できるでしょと。

 

逆説的に、もし結婚したのに、子供ができたのに、思ったように満たされなかったらどうすんの?と自分に突っ込んだ。

 

うわー、そんなん嫌だ。それは、「〇〇したら満たされる」という仮定は間違ってる証拠だ、と気付いた。

 

〇〇したって満たされないことはあるでしょ。私、とんだ勘違いしてた。

 

何がなくとも満たされている自分、幸せである自分(悲しくても不安でもね、つまりそれが生きているってこと=幸せだと思うから)でいようと思った。

 

歩きながら、そんなことがどこからともなく降って湧いてきた。

 

そしてふと携帯を見たら勉三氏からのメールが。

 

たった2行のメールだったけど、何だかとても愛情を感じた。

 

結婚も子供も大切だけど、ひとまず今、私が勉三氏を好きだということが大切なんだなって実感できたひとときだった。

 

これは、意地を張らず(勉三氏に対してではなく自分に対して)勉三氏のことが好きという気持ちに素直になったから思えたことかもしれないが、その話はまた…。

 

弟の奥さんと言うか彼女と言うか…(内縁関係なので)が、言ってくれた言葉が嬉しかった。

 

〇〇クン(弟)、お姉さんに久々に会えると思ったら嬉しくなったのか、どの服着ていこ~♪なんてウキウキしてる様子だったよ、って。

 

やはり長女気質で頼られてると思うと嬉しいのか(私がね)、なんか嬉しかった。

 

(ちなみに他人に頼られるのはあまり好きではない。めんどくさい爆)

自分を大事にするって具体的には・・・

自分を大事にするって具体的にどういうこと?って考えると、私の場合、まずは自分を否定することをやめたところから始まったかも。

 

母親に色々と期待されて育ったこともあり、自分の理想と現実の自分のギャップに随分悩んだ。

 

理想の自分と違う自分に

 

「あー、自分ダメだ~」

 

とよく思っていた。もうほとんど条件反射的に。

 

でも、ある時自分を否定するのをやめた。

 

条件反射的に「自分ダメだ」と思ったら、意識的にそれを、「いやいや、そんなことはない、自分ダメじゃない」と否定した。

 

時にはそこに、「よく頑張ってる」とか「そういう時もあるさ」というのを付け加えてみたり。

 

それをし続けていたら、「自分ダメだ」と思うクセが直った。

 

そうしたら自分のことが嫌いでなくなった。

 

それ以外、自分を大切にするって具体的に何をしたら良いか私も未だにわからないけれども、自分を否定しないだけでもものすごく大きいことだと思う。

 

ちなみに妹は「自分のことが嫌い」という人の意味がわからないらしい。。。

 

姉妹でもここまで違うとは。。。

抗わない。でも舵は握っている自分。

「流れに身を任せる」というのを受け身だと勘違いしていた。

 

「流れに身を任せる」方が得意なのに、受け身すぎるかなぁと、えいや!と流れに抵抗してみたり。

 

でも考えてみたら、櫂で加速させたりバランスを取ったり進路を変えたり選んだりしながら流れに上手く身を任せることは決して受け身ではないよなぁ。

 

流れに抗わない。でも人生の舵を取っている私。ハンドルを握っている私。

 

そんな自分をイメージしてみよう。

子供の進学準備のため、遠方から弟が奥さんと子供と東京にやってきた。

 

弟に会うのは3年振り。奥さんと子供は実は15年振り。

 

妹も弟も子連れの人と再婚または結婚しているため、私には血のつながった甥っ子2人と血のつながっていない姪っ子1人甥っ子2人がいる。

 

奥さんと子供は15年振りに会ったのに久々な感じが全くせず、話していて楽しくてとても不思議な感覚だった。

 

弟と奥さんは実は内縁関係で別れたり戻ったりしながら、気が付いたら15年経っていた感じ。遠方だからという理由もあったけど、そういうわけで15年も私も会っていなかったのだけど、あの不思議な感覚はなんだったんだろうと考えたら、やっぱり「縁」だろうなと思った。

 

弟と奥さんはもちろんだと思うが、奥さんの子供2人と弟、そして私と奥さんや子供達、それぞれにとても強い縁があったんだと思う。

 

すれ違いざまにぶつかるだけの人ですら縁があるとかなんとか。

 

そう考えれば、深く関わる人との縁は相当なものなのか。

 

縁って不思議。

本気

voguegirl.jp

 

牡牛座って「嘘が通じない人」です。だから、うわべで合わせてくるなど、うわべのなかよしに対して「どう対応していいのかわからない。本気でこないものに対して私は何をしていいのかわからない」とかなり強く困惑します 

 

 

わかるのぅ…

 

真面目かつ熱血すぎて時々自分でも失笑してしまう…

 

楽しく生きているけど、でもやっぱり本気で自分の人生考えてると思うなぁ。

 

人が本気になった時の目も好きだなぁ。

 

与えられた環境の中で…

与えられた環境の中で、できるだけ嬉しいことを増やしていきたい。

 

どうしても、人生全部嬉しいことばかりとはなかなかいかないかもしれないけれど、1つでも嬉しいことを増やせれば、またそれが嬉しい。