読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「今、ここ」の私

「今、ここ」を意識して生きています。

ありがとう

今、ここ 恋愛
>

自分のための備忘録。

 

今回、前述のJにはとてもお世話になった。

 

昔は色々あって、私よりあの子の方が好きなんだ、大切なんだ・・・と悲しくなることが多かった。

 

今回も、そのあの子の話になり、やっぱり嫉妬した。

 

別に今はもう私もあの子も何でもない関係なのに。

 

そしてそのことに囚われ、今回彼が私のためにしてくれた諸々のことを当たり前のように受取り、感謝の気持ちを忘れてしまっていた。

 

あの子と比較すれば、もしかしたらJはあの子のことがより好きだったかもしれない。

 

恋愛だから比較してしまうのは仕方ない。だから比較してしまった自分を責める気もない。

 

ただ、帰ってきてJが買ってくれたあるものを見たら、ぶわーっとその時のJの私を大切に思ってくれている気持ちが溢れてきた。

 

ミュンヘンで有名なビアハウスに行った。

 

私はその日ミュンヘンに到着したのだけど、とても疲れていた。そしてビアハウスの中がうるさいしとても暑いしで、死にそうで正直早くホテルに戻りたかった。

 

お会計を済ませて、Jはトイレに行くと言うので少しでも涼もうと外で待っていた。

 

するとJが、「はい」と何かを渡してくれた。

 

そのビアハウスの栓抜き付きマグネットだった。

 

その時はあまりの疲れに、「Thank You」としか言えなかった。

 

でも、今冷蔵庫にくっつけているそのマグネットを見ると、その時どんな気持ちでJがそのマグネットを私のために買ってくれたのかなと考えると、大切に思ってくれているからだということがわかる。

 

思えば、昔もそうやって小さい色々なものをたくさん買ってくれた。

 

今回もマグネットだけではなくて、イタリアワインやドイツのチョコ、お気に入りのホテルのボディシャンプーまでくれた。

 

それを買ってくれている時は紛れもなく私のことを考えて買ってくれている。

 

その気持ちを私はずーっと昔から無視し続け、自分のエゴばかりを押しつけてきたのだろうな。

 

あの時、「今、ここ」の思考を知っていて、エゴや思考を観察することを知っていたら何か変わっていたのだろうか・・・

 

たぶん変わらないかな。

 

でも、マグネットを見て涙が出た。

 

私の思うようには愛してくれなかったけれど、でも確実にJは私のことを昔も今も大切に思っていてくれる。

 

それは、今は恋ではないけれど、恋よりもずっと温かいものかもしれない。

 

この日記はこの気持ちを忘れないための備忘録。